何年も苦しい状況の中にいた反抗期の子どもは物凄く心に響く

2016-01-27 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「何年も苦しい状況の中にいた子どもは物凄く心に響く」
 
 
こんばんは
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は 「 反抗期の子どもは物凄く心に響く 」
というようなことについてお話しいたします。
 
 
 
 

◆ 同じ土俵で悩んでいる母と子

 
子どもが反抗期 真っ只中にいる時って
 
母も子も 中心人物ですので
意外に状況が分からなくなるもの
 
怒り、悲しみ、情けなさ、辛さ、孤独
 
 
同じ土俵であなたとお子さんは
同じように思い悩んでいるのです。
 
 
子ども本人でもわからないことや
言葉に上手くできなかったり
 
直接子どもと話すと そんなことが
私の中で何となくひも解かれるように
 
さーっと色々な状況が
理解できるように思います。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「何年も苦しい状況の中にいた子どもは物凄く心に響く」

 

 

 

 

 

 

◆ 反抗期の子どもにも
ずばり本音を言う時があります

 
第三者である私はあなたにも
お子さんにも
 
攻めるようなことを言いませんし
怒るようなことも言いません。
 
反抗期の子どもは憎たらしいし
めちゃくちゃな態度ですが
 
心はもろく繊細で純粋なのです。
 
 
優しい言葉を使うようにしますが
ですが私は時々
子どもにもずばり本音を
言ってしまうことがあって
 
それは傷つける言葉ではなくて、
 
 
子ども本人の心の中心に
スコーンと入っていく言葉のようです。
 
子どもは純粋ですからね
本質を突かれると響くんですね
 
 
 
プロフィールでもお話ししましたとおり
私自身もちょうど同じ年代の頃
真っ暗な洞窟の中でひとりで苦しみました
 
そして今親になって、壮絶反抗期とは
どんなものかというのを
身をもって体験しました。
 
 
何となく反抗期があったように思う
いつの間にかおさまった…
というような状況ではなく
 
壮絶反抗期は 戦いそのものです
 
 
 

◆ 子どもの心に響くうちに
対処してあげないといけない

 
自分で乗り越えていくことのできる子と
まわりの大人が
手を差し伸べてあげないといけない子と
様々です。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「何年も苦しい状況の中にいた子どもは物凄く心に響く」

 

 

 

 

 

 
 
何年も苦しい状況の中にいた子は
 
物凄く 心に響きます
 
 
 
心に響くうちに
何とか対処してあげないといけないのです。
 
 
世の中では色々な問題が起こっています
 
一日も早くあなたの大切なお子さんの
心が穏やかになりますように祈るばかり
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「何年も苦しい状況の中にいた子どもは物凄く心に響く」

 

 

 

 

今夜も横浜は穏やかな月夜です
 
あなたもお月さまを眺めると
きっと気持ちが落ち着きますよ
 
 
 
明日もあなたに素敵な1日となりますように
 
それではまた
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »