反抗期の子どもに対して 『 ざまぁ~みろ 』

2016-01-29 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもに対して、ざまぁ~みろ」

 
 
こんばんは
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は「 暗いマイナスイメージを
心の奥底にインプットさせない  」
 
というようなことについてお話しいたします。
 
 
 

◆ しばらくぶりの子どもとの晩ご飯

 
「しばらくぶりに
子どもと一緒にご飯を食べました」
 
時々このようなお話しを聞きます
 
これははっきり言って
母と子の対立が原因
 
晩ご飯の時間は本当に大切です!
 
 
母である私たちは
肝に銘じないといけません
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもに対して、ざまぁ~みろ」

 

 

 

 

 

 

 

反抗期の子どもだけでなく
子どもの色々な心理状態に
 
「晩ご飯」 は大きく、影響します。
 
「3か月ぶりに息子と晩ごはんを食べた」
という話しも聞いたことがあります
 
 
ん~ これはちょっと問題ですね
 
母親が息子の部屋に晩ご飯を持っていって
あげていたのでしょうか
 
それとも
まともにご飯を食べていない状態…?
 
 
どういう理由であれ
この状況はだめですね
 
晩ご飯はきちんと用意してあげてくださいね
 
 
 

◆ バトルの後こそ ティータイム

 
私が子どもの気を引くために
時々していたこと
 
見た目も可愛らしく
ちょっと、特別な感じのティータイム
 
ハンドメイドの焼き菓子なんてあると
ぶすっとした顔しながらも食べていました
 
 
涙を流しながらのバトルの後に
時々そんな風に準備してあげることで
 
喧嘩の内容は別として
一応、和むのです
 
 
子どもも生意気言った自分がいて
バツ悪い感じの中でも
内心 ホッとしています
 
作っておいて食べないようだったら
後で温められるように
 
キッチンやダイニングテーブルに置いておく。
 
ダイニングテーブルというのがポイント
 
 
反抗期の子どもは部屋にこもりがち
できるだけ家族がいる部屋に
出てきやすいようにしてあげて下さい。
 
 
因みに、可愛らしいティータイムは
女子に限らず、
実は男の子も大好きな子が多い
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもに対して、ざまぁ~みろ」

 

 

 

 

 

 
私は10代の子どものお客さまには
大人扱いをして
お話しの内容についても
難しい話しをたくさんします。
 
 
目で見てわかる特別なおもてなしと
 
その子をひとりの人間として
接するおもてなしで
(子ども扱いは決してしません)
 
子どもの心の目が開くのです
 
 
 

◆ 反抗期の子ども
追いつめてはいけない!

 
何か月も晩ご飯を一緒に食べない
これは大人がいけませんね
 
そのような状態にまで追いつめてしまっては
絶対にいけない!
 
 
何か月も同じような状態が続くと
 
母と子の状況が改善されたとしても
 
成人してから客観的に
自分をみれるようになり
 
その時の状況が自分に残っていて
暗いマイナスイメージが 心の奥底に
インプットされた状態になるのです。
 
 
誰にでもそんな経験
ひとつやふたつあります
 
 
ですがあなたの大切なお子さんに
母であるあなたが
そのような思いを残させることは
してはいけません。
 
母と子ですから色々なことがあって
当たり前なのですが
 
 
苦しんでいる子どもの姿を見て
 
「 ざまぁ~みろ 」

 
と思う母親も中にはいるようで
ここまでこじれてしまうと
修復が困難です
 
 
 
反抗期の子どもを
 
とことんまで追いつめないこと!
 
 
忘れないでください
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもに対して、ざまぁ~みろ」

 

 

 

 

横浜の今夜は雨模様
お月さまの姿はみえませんね
 
 
 
明日もあなたに素敵な1日となりますように
 
それではまた
 
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »