壮絶反抗期を経験した子どもだからこそ、自立心が芽生える!

2016-02-26 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「壮絶な反抗期を経験した子どもだからこそ、大きな自立心が芽生える!」
 
んばんは。
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は
壮絶反抗期を経験した子どもだからこそ
大きな自立心が芽生える
というようなことについてお話しいたします。
 
 
 

◆ 努力する前からあきらめない

 
努力する前からあきらめることを教えない
 
転んでも キズついても
何度でも立ち上げることを
大切な我が子には教えたいと思うのが
 
永遠の母の願いです
 
 
私事を言いますと
私の中には「あきらめる」という
言葉は存在しなくて
それくらいあきらめが悪いのです。
 
そこまでいくと、結構苦労が伴います
 
そんな性格の人は 逆に
気持ちの切り替え、
方針を切り替える柔軟性をもてるよう
意識する事が必要になります。
 
 
 
良い意味で 「しぶとい」人は
とことんやってみて
初めて切り替えができる

 
だから、 やるしかない!
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「壮絶な反抗期を経験した子どもだからこそ、大きな自立心が芽生える!」

 

 

 

 

 

 

◆ 子どもであって 子どもでない

 
本来子どもは純粋無垢な状態で生まれてきます
 
もって生まれた気質・本質は
赤ちゃんであっても本人のもの
誰にも変えることはできません。
 
子どもであってもひとりの人間です。
赤ちゃんであってもひとりの人間です。
 
 
 
『 子どもであって 子どもでない 』

 
 
 
物理的に離れるのではなくて
気持ちの上で離れる ということです。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「壮絶な反抗期を経験した子どもだからこそ、大きな自立心が芽生える!」

 

 

 

 

 

 

 

 

学歴のある親御さんこそ
 
この言葉を意識しながら
お子さんを育てられると
 
子どもは物凄い飛躍と共に
その子本来の人生を歩むはずです
 
 
 

◆ 自分の意志で行動する時、子どもは力を発揮する!

 
 
誰かに指示されて行動する
ことを教えるのではない
 
 
自分の意志で行動することを
体得できるように、

 
 
まわりの大人は小さい時から
見守ること
育てることなのです
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「壮絶な反抗期を経験した子どもだからこそ、大きな自立心が芽生える!」

 

 

 

 

 

 

少しづつ春が近づいてきていますね
3月の夜気が私は一等好きです。
 
季節の移り変わりを 香りで感じ
うっすら漂う春の空気を
肌で感じることができるから。
 
 
自然が表現することで
毎日のお月さまの表情は違うけど
 
でも、本質は変わらないと思うと
何だか感謝の気持ちでいっぱいになります
 
 
 
 
あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように
 
それではまた!
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »