反抗期がない、原因は何…?

2016-04-13 | Posted in 反抗期 |  

 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします ゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
 
んばんは。
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は
反抗期がない、原因は何…?
 
お話しいたします。
前回 母の叫びダイアリー 続きです
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 
 

◆ 親が子どもに対して無関心すぎる

 
時々、反抗期がないというお子さんのお話し聞きます。
 
 
・親が子どもに対して無関心すぎる

・親の抑えつけがあまりに強い
 
 
これは 実は壮絶反抗期で苦労させられた
娘が言った言葉です。
 
 
当たってる!と…!
一瞬、言葉がつまりました。
 
 
 
母は用事が無限にあって、
特に共働きのご家庭の母は
いくら精神的に落ち着いた人であっても
物理的に(時間的に)忙しいですよね。
 
 
私も用事が山盛り重なった時は
どうしてもイライラしてしまって
気持ちに余裕がありません。
 
 
とにかくその時その時
一番にしなきゃいけないことから
片づけていくようにしています。
 
 
そんな時に 「娘に対して無関心」 に近い状態に
なっていることに気づくことがあります。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆ 本当の無関心とは?

 
 
心のどこにも 子どもの存在がない場合
 
のことを言います
 
 
家にいても、いなくても
遠くにいても、近くにいても
 
親の心に子どもがいるかどうかなのです。
 
 
子どもはそんな親の心を
ちゃんとわかっています。
 
 
 
子どもが一番悲しいと思うのは
 
 
そばにいるのに、大好きなお母さんの心に
 
自分がいないことです
 
 
 
ちゃんとご飯も作ります
学校のこともちゃんとします
 
でも、心に子どもがいない母
現実にいます。
 
 
 
このようなタイプの母は
自己中心的な性格の方が多いように思います。
 
ごめんなさい、こんないい方したくないのですが
本当のことなのです。
 
 
そういう方とのご相談面談では
いくらお話しに時間をかけても
 
角度を変えて色々なお話しをさせてもらっても
 
心に響きません。
 
 
 
苦しんでいるお子さんが実際にいます
 
でも母の心に響かないんです
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆ 親の抑えつけがあまりに強い

 
 
かつて私自身も抑えつけ、していたこと
数えきれないほどあります。
 
抑えつけをすればするほど
 
元気に反抗心を出せる子はいいのです
 
 
 
心配なのは
親の抑えつけがあまりに強い場合
子どもの心がおかしくなってしまうことです。
 
 
元々上手に自分の中で
調整できる子はいいのですが
 
 
 
素直で従順な子や
 
 
自己主張が強く、
 
自分の意志をはっきりもっている子
 
 
そのような子を抑えつけ
 
それがいきすぎた時に
 
 
 
子どもの心が壊れます
 
 
 
 

◆ 反抗期がない、原因は何…?

 
反抗期がないのではありません
 
 
性格的にはっきり表面に出る子
何を考えているのか、わかりにくい子
 
性格は様々です
 
 
母はそっと子どもの心に耳を澄ませること
 
耳を澄ませて
わかるのは母だけです

 
 
表面的に、感情的に、
 
惑わされないことなのです。
 
 
 
もしかしたら…
 
無関心すぎる
抑えつけが強すぎる
 
 
知らず知らずのうちに
自分はそうだったのではないか?
 
 
 
そう思える母は
 
今この瞬間から変わることができます。
 
 
 
 
次回 母の叫びダイアリーは
反抗心、それは母に甘えていることと同じ
 
このようなことについて書きたいと思います
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんが
 
今日も幸せでありますように。
 
 
 
それではまた!
 
 
 
 
すぐ! 面談、予約をしましょう
 
 
【 お問い合わせ・ご相談申込みは こちらから 】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容を選択してください (必須)
母の叫び 相談室一般 相談室その他 問い合わせ

メッセージ本文


 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »