根拠のないことには要注意!

2016-06-02 | Posted in 反抗期 |  

 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします ゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
 
こんばんは。
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】 高校生の反抗期
高橋肖鳳です。
 
今日は
根拠のないことには要注意!
 
お話しいたします。
前回 母の叫びダイアリーこちらからどうぞ
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 

◆ お母さん、僕は悪い子じゃないよ!

 
少しの歯車がかみ合わなくなり
子どもは気づきます
 
今の僕は、本当の僕じゃない
 
 
 
そのことに気づいた僕は
一生懸命にまわりの大人に伝えたんだ
でもわかってくれなかった
大人はみんな常識を押し付ける。
 
 
僕は命令されるのが一番嫌いなんだ
一生懸命に話しても
お母さんはわかってくれなかった
 
 
 
そして いつからか、
 
 
僕は何を考えているのかわからない

悪い子って言われるようになったんだ。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

◆ 思春期の過ごし方は、未来を左右する!

 
子どもが考えていること
思っていることなんて
なかなか大人は理解できないのが普通です。
 
 
思春期の子どもは碧い果実
外から見て同じでも
なかみはみんな違います
 
 
元々やわらかい実のもの
中みまでカチカチの実のもの
表面はカチカチでも、
食べてみると意外にも美味しい
 
 
外みはとってもやわらかそう、
でも食べてみると
全然熟してなかった、酸っぱい!
 
 
 
我が子は母とは違う人生、本質をもち
この世に生まれてきます
 
 
子どもは母とは全く別ものです。
 
 
母の主観を植え付けるのは無理というもの
 
遅くとも中学生になってからは
ひとりの人間として接してあげないといけませんね。
 
 
 
 

◆ 反抗期の子どもの “ 自己主張 ” には、意味がある!

 
反抗期が激しいお子さんこそ
自己主張がはっきりしているお子さんです。
 
それはお子さんが
 
自分の意見をしっかりともっている
ということです。
 
 
 
まだまだ碧い果実ですから
大人の常識なんて言われても素直になれません
 
 
 
今、この時を
どう対処してゆくか
 
 
子どもが自立していくのに
とても重要なこと
 
母の役目です。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

◆ 根拠のないことには要注意!

 
本命(生まれ年)
月命(生まれ月)
日命(生まれ日) を分析しますと
 
あなたのお子さんの
詳しいカウンセリング・アドバイスが可能です。
 
 
 
私は根拠のないことを
主観で、ものを言いません
 
 
 
五行、十干、十二支、四柱推命、十二運など
データベースを基に、
 
根拠を基に
 
動きのある自然の法則を表した、気学を用い
そしてその気を読み、親子関係を整えることに
役立ちたいと思います
ご縁の法則や方位の法則も活用します
 
 
 
子どもにとって
母の支えはとても大切です
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
 
それではまた!
 
 
続き 母のダイアリーはこちらから
【 何で、わかるんですか?ってよく言われます 】
 
 
すぐ! 
我が子の反抗期 相談お問い合わせをしましょう


【 お問い合わせ・ご相談申込みは こちらから 】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容を選択してください (必須)
母の叫び 相談室一般 相談室その他 問い合わせ

メッセージ本文


 

◆ 高橋肖鳳 プロフォール

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】プロフィール「誰にもわかってもらえない反抗期の子どもの叫び」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

恋愛・結婚・家族・命名・子育て・進学・夫婦・
就職・仕事・起業・旅行・移転・方位・健康・
人間関係 等
 
【 あなたの幸せを 家族の充実を願って 】
 
十二支・十干・五行・気学・方位学・四柱推命・他
データベースを基に
動きのある(自然の法則を司る)気学を活用し
 
今 どうすべきか
 
どのようにすべきか
 
を ご相談の中でお話しします。
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »