大学~社会に出て、荒波にも動じない生きる強さが備わるように

2016-01-15 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】「大学~社会に出て、荒波にも動じない生きる強さが備わるように」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

こんばんは

壮絶 反抗期の子どもをもつ 【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。

今日は
反抗期の子どもが社会に出てから荒波にも動じない

というようなことについてお話しいたします。

 

◆ 思春期の子どものパワーは底知れない

 

笑い話しになどできない、してほしくない、
誰にも言えない 子どもからの暴力。

母の心には暗雲が立ち込め
どんどんどうしたらいいのかわからなくなります

悲しみの涙が溢れます。

 

当の本人の子どもは倒れた母に向かって
「よわっ!演技すんな、おおげさな!」
暴言を吐く。

そう言っている子どもは男の子と思いますか?
女の子と思いますか?

一般的に男子のイメージが強いと思われますが

実は、
このような状態の反抗期の女子は普通にいます。

 

演技でもなく、おおげさでもない。
思春期、反抗期の子どものパワーは底知れない。

それが母に向けられるのです。

 

 

◆ 反抗期の子どもの
本当の心が みえますか?

 

今現在、そんな悩みをもっているあなた

 

子どもの本当の心がみえますか?
子どもが本当は何が言いたいのかわかりますか?

何が原因でこんなことになっているのか

わかりますか…?

 

『 育てたように 子は育つ 』

この言葉 胸を突きます

 

思春期はどの子どもにも訪れます。

その時期を上手に卒業させてあげることが
自立への道となります。

あなたと子どもは鏡のような存在で
そう考えると、どちらかが変わるしかありません。

 

まだ精神的にも未熟な子どもに変れと言いますか?

それはちょっと思いやりがないですよね…

 

 

苦しんでいる我が子を助けたいのであれば、

母であるあなたが、

変わる他ありません。

 

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】「大学~社会に出て、荒波にも動じない生きる強さが備わるように」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

◆ 本来とても柔らかく純粋で
正当で素直な子どもの心

 

特に10代までの子どもの心は
本来とても純粋で正当で素直なのです。

柔らかい心を覆っている固い殻がなくなると、

あっという間に思春期を卒業していき
いつの間にか信じられないくらい落ち着きます。

 

20才を越えてくると、子ども本人が
色々な経験をして成長していきます。

大学~社会に出て、

荒波にも動じない生きる強さが備わるように

 

『 たった今 』 を どう対処していくかが

反抗期の子どもにとって とても重要です。

 

ぜひ あなたの大切なお子さんを
そんな風にしてあげてください。

荒波の社会に出た後でも、
本人の力で乗り越えていけるように。

 

そうできるのは母の愛をもつ

あなたにしかできません。

 

 

明日もあなたに素敵な 1 日となりますように。

それではまた!

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »