中学受験するにあたって、一番大切なことは

2016-01-17 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】中学受験するのにあたって、一番大切なことは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんばんは

壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。

今日は 「中学受験するのに一番大切なことは」

というようなことについてお話しいたします。

 

◆ 母の悩みは続く

・同じように育てたつもりなのに
どうしてこんなに違うの?

・姉妹、本当に仲が悪くて困っています

・下の子は育てやすいのですが
上の子に手を焼いていて

・お兄ちゃんは何でも自分でできる子で
育てやすかったのですが、下の子は
性格の激しい子で困っています

・中学受験の後から子どもとの関係が
悪くなってしまったんです

・息子と晩ごはんを食べなくなって
3か月が経ちます…

 

本当に次から次へとそんな声が届きます。
今の世の子どもの反抗期は独特です。

 

◆ 中学受験するにあたって、
一番大切なことは

私は中学受験はさせてあげられるならば
挑戦するのは良い

と考える方です。

これはご家庭の考え・方針によりますね。

 

中学受験する、しない、
というよりも

どう勉強に意識を向けさせるか、
が大切であり

小学生は勉強する楽しさを覚える
よい機会で 将来、

本人の自信に必ずつながるのです。

これは中学受験に限らず、
部活や習い事など

色々なことに置き換えることができます。

 

10代のうちに、自分の力で挑戦することを
身体で覚えることがとても大切なんですね。

物事に向かう時の、
我が子の心をどう育てるか

が一番大切であり

受験は手段、
という風に私は考えています。

 

そう 受験自体よりも、

受験に向かう
子どもの心をどう育てるか

 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】中学受験するのにあたって、一番大切なことは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのような経験をしておくと
後々本人が生きる上で

いずれ答えとして理解できる時が
必ずきます。

そして、

大人になって
乗り越える強さが身につくと

その子本来の

生きる道がみえてくるのです

ですから、
私は どんなことでもいいですから

子どものうちのそのような体験は
大切だと考えているのです。

 

 

◆ 覚悟をもって
反抗期の子どもに接する

プロフィールでもお話ししましたとおり、

小学生~高校生の出来事は
その子の

人生においての
根底部分にインプットされるため

大変重要な時期なのです。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】中学受験するのにあたって、一番大切なことは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大人の導きに間違えがあると

とり返しのつかない事態にもなりかねない

覚悟をもって 反抗期のお子さんに
接していかなければいけません。

 

今日はちょっと
難しいお話しになってしまいました。

 

あなたの大切なお子さんのために
どのようにすればよいのか

これからも考えていきましょう。

 

 

明日もあなたに素敵な1日となりますように。

それではまた!

 

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »