中学受験とは関係なく、反抗期 大爆発!

2016-01-18 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】中学受験には関係なく、反抗期大爆発!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ 【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は 「 受験とは関係なく、反抗期 大爆発! 」
 
というようなことについてお話しいたします。
 
 

◆ 明るい子は いい子で
引っ込み思案な子は いい子でない?

 
元々おしゃべりが好きで意見をはっきり言う
明るいお子さん  対照的に
 
元々自分から目立つことをしない
引っ込み思案なお子さん
 
色々なタイプの子どもがいますね。
 
 
明るい子はいい子で
何を考えているのかわからない子はいい子でない、
 
と思いますか?
 
それは違いますよね。
 
 
人はもってうまれた本質というものがあり
そこは変えようにも変えられない部分なのです。
 
 

◆ 近くて遠い 母と子の関係

 
近くて遠い 母と子の関係。
 
 
意外にも子どものことがわからない、
という母親が多くて
 
皆さんどれほど悩んでいることか。
 
近すぎるゆえの親子関係の悩みです
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】中学受験には関係なく、反抗期大爆発!

 

 

 

 

 

本当は、
近いところにいる 遠いところにいる
 
目で見るところの距離の問題ではありません。
 
 

◆ 中学受験とは関係なく、
反抗期爆発!

 
最近は小学生のうちから
本物の反抗期に入っている子もいます。
 
中学受験した結果、
反抗期がひどく息子はしゃべらなくなった
 
更に無気力・ひきこもり・遅刻・欠席
 
このままでは登校拒否になると、
担任の先生に言われた
 
 
または
中学受験とは関係なく、反抗期爆発!
 
結局は子どもには
反抗期はある、と思ってください。
 
 

◆ 自立の心を折る、『 ~しなさい 』

反抗期がないのは逆に心配です。
 
大人になるにつれ
情緒の不安定さが現れるからです。
 
ひどい場合は大人になっても
母に対する反抗心を心の内にもち続け、
 
本人は苦しい思いをすることになるのです。
 
 
 
中学に入るといきなり子どもの視野が広がり
今までと違う世界がみえてくる。
 
自分の意見もはっきりとみえてくる。
 
 
自立の心を折る
命令口調 『 ~しなさい 』 は
 
自分の世界が広がりつつある
子どもにとっては最も嫌いな言葉です。
 
 

◆ うっせー、ばばぁ

 
反抗期の男子に多くみられるのは
「 しゃべらなくなる 」 こと。
 
うっせー、ばばぁ
入ってくんな
うざい消えろ
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】中学受験には関係なく、反抗期大爆発!

 

 

 

 

 

 

 

 

男子のみならず、女子も言いますよね
 
耳を覆いたくなるような言葉の連発
 
では元々しゃべらない男子は
反抗期はないのでしょうか。
 
 
いえいえ、そんなことはありません。
 
そういう子は自分の中に抱えてしまうタイプ
 
もしくは
自分の中で気持ちを整理できるタイプです。
 
 
抱え込ませてしまうのは
 
要注意です!!!
 
 
 
活発に意見をはっきりいう子ども
 
引っ込み思案な子ども
 
子どもは十人十色
ひとりひとりみんな違います。
 
 
みんな 次につながる
反抗期からの卒業をしてほしいと思います。
 
 
 
 
明日もあなたに素敵な 1日となりますように
 
それではまた!
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »