反抗期の子どもは家の中でひとりぼっち

2016-01-25 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】反抗期の子どもは家の中でひとりぼっち
 
 
こんばんは
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ 【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は 「 誰も僕の心はわからない 」
 
というようなことについてお話しいたします。
 
 
 

◆ 母の叫び
もぉ、気が狂いそう!

 
反抗期の子どもは
母にとって扱いにくく本当に悩みます
 
母親の言うことなんか絶対、聞かない
うるさい、あっち行け、
無茶苦茶で強気な暴言
そこにパワー(暴力)がプラスされ
 
遅刻・欠席、一日中ゲームにスマホ
 
もぉ気が狂いそうになるくらい悩みます。
 
 
 

◆ 反抗期の子どもは ひとりぼっち

 

がしかし、
 
家の中でその子は今どのようにしていますか?
弟や妹と仲良くしていますか?
晩ごはんも家族で食べていますか?
ひとりポツンと部屋にこもっていませんか?
 
 
ゲームやスマホは現実逃避
そうしていると楽だから。 だけど
 
ゲームをしている心の奥には
勉強どんどんわからなくなる
このままじゃいけない
 
あせる気持ちがあるのです。
 
 
そんな風に ひとり ポツンと
 
部屋にこもって
 
泣いているのです
 
 
誰にも 僕の心はわからないって。
 
 
 

◆ ドリだけが
私の話しを聞いてくれた

 
私ね、あの頃 小学生の一番つらかった頃
 
学校から帰宅すると
ドリ(ボクサー犬)に話しかけていました。
 
あの頃、ドリだけが
私の話しを聞いてくれていたの
 
ドリは うす茶色の女の子のボクサーでした
 
 
小5の私が辛い悲しい話しをすると
ドリちゃんもうなだれて辛そうな表情をしました
 
小6の私が楽しい話しをすると
しっぽをふって楽しい表情をしました
 
 
今になって思うとそれは 私の感情が
そのままドリに投影されていたのです
 
ワンちゃんネコちゃん達は素直そのものです。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】反抗期の子どもは家の中でひとりぼっち

 

 

 

 

 

 

◆ ひとりぼっちで部屋で泣く子ども

 
まわりの大人に
「あんたはこうだから、こうなんだ」
「あの子は何考えているかわからない」
「自分勝手な子」
「もぉ、ほっときなさい」
「あの子はほんとに言うこときかない」
 
私よく言われましたよ~
 
 
親がそういうと
兄や妹までもがそういう目で見ましたし
母と同じようなこと
私に言っていました。
 
一緒に暮らしていた祖母や
母の姉妹(おば)達には きっと
 
「むずかしい子」
と思われていたと思います。
 
 
今となっては笑い話しですが
当時は
 
家にいるのに 居心地が悪く
 
もの凄く 孤独感がありました
 
 
そんなことを
誰かに聞いてもらうすべも知らなかったのです
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】反抗期の子どもは家の中でひとりぼっち

 

 

 

 

 

 

そうじゃない、違う
 
悔しくて悲しくて、どうしようもなくて
何もかもが嫌で
 
ひとりで部屋で泣いていました。
 
 
だから親戚やいとこが家に来ても
何となく楽しくなくて
いつもすーっと音もなく
自分の部屋に消えていました。
 
 
部屋にいる私のところには
大人の笑い声がたくさん聞こえてました
 
 
 

◆ 子どもの反抗は
悲しみの裏返し

 
反抗期は子どもの性格によります。
 
爆発タイプの子、
自分で乗り越えていける子
 
 
物凄いパワーでの反抗
 
それは悲しみの裏返しです
 
 
ご相談にみえる母の話しをお聞きすると
子どものそんな悲しみの姿が目に浮かび
私は辛くなります
 
 
その悲しい暗闇から
我が子を救えるのは
 
母の愛をもつ
あなたにしかできないこと
 
 
 
忘れないでください
 
 
 
 
 
 
明日もあなたに素敵な1日となりますように
 
それではまた
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »