【反抗期・思春期】大学受験 北大?九大?どちらを選ぶ?

2017-01-17 | Posted in 事 例 |  

 
センター試験が終わり
本試験に向けて全力投球!
 
 

大学受験!

 

北海道大学?
九州大学?

 

どちらを選ぶ?

 
 
強い味方が『方位学鑑定』です!
 
今日はそんなお話しです。
 
 
 
前回 反抗期【母の叫び相談室】ブログ
反抗期思春期の子どもはなぜ扱いにくいのか?
こちらからどうぞ。
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】横浜市都筑区港北ニュータウン
 

◆ 大学受験 本試験までの勉強

センター試験が大事な理由とは?
 
センター試験が終わっても
休む間は与えてくれません。
 
我が家の場合、本試験まで
とにかく過去問に集中していたと思います。
 
 
センター試験、思うように
できなかったというお子さんは
 
第二希望の対策と本命の対策も
取り組まなくてならないので根性いります!
 
 
センター試験、満足のいく
手ごたえだったお子さんは
本命にむけて全力投球です!
 
 
 
ここまできて
なぜ、センター試験が大事なのか
おわかりなられたと思います。
 
 
センター試験で
しっかり点数をとれれば
 
本命の学校に力を注げます!
 
 
 

◆ 大学受験校  北大?九大?どちらを選ぶ?

子ども本人の命式より方位鑑定!
 
先日横浜在住のお客さまで
このようなご依頼を受けました。
 
 
本人は北海道大学に行きたいと。

例えば、神戸大、九州大、
だと 
どうなのでしょうか?
 
 
 
親御さんは方角を心配しています。
 
 
 
これまでにも事例にあります。
ふだんは「方角なんて気にしない」
とおっしゃっているお父さんお母さん。
 
いざ自分の子どもの進学先(移転を伴う)を
考える時、だいたいの親は方角を気にします。
 
 
 
早速、ご依頼のお子さん
本人の命式(生年月日)より
方位運勢鑑定スタート。
 
親御さんからの正式なご依頼ですから
時間をかけてバッチリみますよ!
 
 
 
結果をご報告して、
あとは親御さんと子ども本人が
決めるということになります。
 
 
 
【 大学受験 】
 
北海道大学? 九州大学?
どちらを選ぶか悩んだ時
 
 
強い味方が、
方位学鑑定です!
 
 
知っておくと安心です!
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】横浜市都筑区港北ニュータウン
 

 

 

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
それではまた!
 
 
 
続き 反抗期ブログはこちらから
開運吉方位2017!あなた(我が子)だけの吉凶がわかる!
 
 
 
お役に立ちます♪
心穏やかに1か月を過ごしてほしいと思います♪
↓ ↓ ↓
 
LINE専用 “今月のあなたの運勢” 配信!
「思春期・反抗期」のお悩み解決法 配信!
「吉方位・凶方位」配信!
「金運アップ」配信!
「吉方位の使い方」配信!
※ 文字数に制限があるため、内容は月毎に変ります。
※ 2017年1月は5日 配信予定!
 
・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
友だち追加数
 
・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
 
 
2017年2月の運勢 <2/4~3/4>
ブログ内 配信!
今月の運勢 “3つの注意点と対処法”
九星別 “体調面に注目”
九星別 “良い面を意識して運気アップ”
 
今月の運勢 最新情報はこちらから
 
 
 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします
・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
………………………………………
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】
 
高橋 プロフィール

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】プロフィール「誰にもわかってもらえない反抗期の子どもの叫び」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

日本で唯一
家族の相互関係 運勢鑑定ができる
東洋天象哲理学研究会 学会員
 

恋愛・結婚・家族・命名・子育て・進学・夫婦・

就職・仕事・起業・旅行・移転・方位・健康・
人間関係 等
 
あなたの幸せを 家族の充実を願って
 
十干・十二支・五行・気学・方位学・四柱推命 他
データベースを基に
動きのある(自然の法則を司る)気学を活用し
 
今 どうすべきか をお伝えします。
 
 
………………………………………
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »