【反抗期】 お問い合わせ~ご相談までの流れ ご案内

2016-06-19 | Posted in ご相談申込みと料金について |  

本日は、反抗期の子どもをもつ 母のためのご相談、
『お問い合わせ~ご予約当日までの流れ』 を
詳しくご説明いたします。
 
 
前回 母の叫びダイアリーはこちらからどうぞ
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 
 

① 母の叫び相談室へのお問い合わせ

 
トップページから
「ご相談申込みと流れ」のページに入っていただき
「お問い合わせ・お申込みはこちらから」の欄に
入力して送信してください。
 
入力内容は簡単です
 
・お名前
・メールアドレス
・電話番号
・ご相談内容3つのうち1つ選択
・メッセージ本文
 
【 お問い合わせ・お申込みはこちらから 】
 
 
 

② ご相談内容とご家族の生年月日

 
メッセージ本文の欄に
 
・お困りの内容
・ご家族全員のお名前と生年月日
・ご相談希望日時を2~3
・時間の希望は 2時間 または 3時間 かを
 
入力いただき送信してください。
 
 
日時を決めかねている場合や
とにかく急いで相談したい場合などの時は
 
お悩みの内容をメッセージ欄に入力して
 
いただくだけでかまいません
対応いたします。
 
 
 
ご家族全員のデータを出すことについて
全体をみることによって
より詳細にお子さんの状態がわかります。
それぞれの役割がみえてきます
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

③ 面談の場所と時間の調整

 
場所について
神奈川県横浜市都筑区にあるサロンでの
対面ご相談をおすすめしています。
 
母の叫び相談室 サロン ご案内
 
 
( 理由 )
あなた以外にどなたもおりませんので
落ち着いてお話しを伺うことができます。
 
お話しをする中で その時その瞬間の
気の流れというのがとても重要で
それによってお話しの方向性も違ってきます。
 
ですので、対面で行うことが重要となります。
とても繊細なお話しになると思います
リラックスしながらお話しいただければと思います
 
 
 
サロン以外の場所
関東圏内、その他の地域へ出向く場合は
出張費(交通費など)が別途かかります。
(地域により費用は異なります)
 
 
時間の調整について
あなたのご希望のお時間帯を
2~3お聞きして調整いたします。
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ 面談の2日前までに指定の口座へ入金

 
面談日時のご予約が決まりましたら
入金先をメールにてお知らせいたします。
 
 
 

⑤ 事前に準備いたします

 
当日、お越しになってから
生年月日よりデータをだしていくのではなく
事前に全ての準備をしてあなたをお迎えします。
 
予約時間の1分1秒をご相談に使うことができます
 
あなたおひとりでの完全個別相談になります。
 
 
 
………………………………………
 
① ~⑤が、面談/ご予約日までの流れになります
 
 
料金やその他のご説明ページは
こちらから【 ご相談申込みと流れ 】
 
 
ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
それではまた!
 
 
 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします
゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
続き 母の叫びダイアリーはこちらから
【反抗期女子】母と子に秘められた真実の絆
 
 
 
………………………………………
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】
 
高橋 プロフィール

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】プロフィール「誰にもわかってもらえない反抗期の子どもの叫び」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

恋愛・結婚・家族・命名・子育て・進学・夫婦・
就職・仕事・起業・旅行・移転・方位・健康・
人間関係 等
 
【 あなたの幸せを 家族の充実を願って 】
 
十二支・十干・五行・気学・方位学・四柱推命・他
データベースを基に
動きのある(自然の法則を司る)気学を活用し
 
今 どうすべきか
 
どのようにすべきか
 
を ご相談の中でお話しします。
 
………………………………………
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »