親の接し方次第で、思春期の子どもはどんな風にもなる

2016-02-03 | Posted in 自然の理 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「親の接し方次第で思春期の子どもはどんな風にもなる
 
こんばんは
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は「 春の気をもつ草木、それが思春期の子ども 」
というようなことについてお話しいたします。
 
 
 
 

◆ 循環している宇宙の気というものに胸が高鳴る

 
新しい年の始まり
2月、節分を境に自然界の理が変ります。
毎年物凄く愛おしく感じてしまう私です
 
特に移りゆくこの瞬間が私は大好きです!
 
 
自分を取り巻く空気に身をゆだねる
まわりの状況を静かに観察する
 
何かが動き出す
小さな種のようなものを感じたり
 
また家族の様子をみていても
現象はひとつも狂うことなく現れます。
 
循環している宇宙の気というものに
胸が高鳴る そんな気持ちです。
 
 
 
すみません、こんなこと考えているのは
私だけかもしれません。
 
子どもや小さな動物さん達さえも
その中で生かされています。
 
わかっていないのは
「本人」だけかもしれませんね
 
 
 
 

◆ 今までの行いや心の内が、その時が来れば必ず現れる

 
ですからあなたのお子さんの様々な現象も
ひとつも間違えることなく
 
今までの行いや心の内が
良いことも、悪いことも全て
その時がきた時に外に現れるのです。
 
残酷と思いますか…?
それとも素晴らしいと思いますか?
 
 
それがたとえ辛く苦しい出来事であったとしても
 
私は素晴らしいことであると思います
 
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「親の接し方次第で思春期の子どもはどんな風にもなる

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 親の接し方次第で思春期の子どもはどんな風にもなる

 
外見的なことよりも
 
全ては「心」がどのような状態で
どこを向いているか。
 
 
 
中学受験を目前にしている息子さんに
「〇〇中学以下だと、行くな!!」
(地元の中学に行けという意味です)
 
父親が実際に言った言葉です。
 
 
できのいい兄をもった弟はどんな気持ちで
今まできたのでしょう
 
母親の口から、誇らしげに(?)
父親がそんなことを言うの~
 
 
この人はいったい子どもをどうしたいの?
私は思いました。
親の考え方次第で子どもはどんな風にもなる
 
 
それだけ純粋ということなのです
そう思うと、責任重大です
 
子どもはアクセサリーでないんです。
 
 
思春期の子どもは
冬から春にかけての冷たい固い大地から
むくむくと芽を出す
 
私はそんなイメージをもっています
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「親の接し方次第で思春期の子どもはどんな風にもなる

 

 

 

 

春の気をもつ草木は
どんなに冷たい固い大地でも
 
上へ上へと伸びていく力がある
 
 
 
それが思春期の子どもなのです
 
 
 
 
 
今日はちょっと難しい話しになってしまいました
 
 
あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
それではまた!
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »