【1】 方位鑑定、凶方位の学校はよくない?

2016-02-21 | Posted in 自然の理 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「方位学、凶方位の学校はよくない?」
 
んばんは。
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は
【1】方位鑑定、
凶方位の学校はよくない?!

というようなことについてお話しいたします。
 
 
 

◆ 自然の理(ことわり)を 心でとらえる

 
私は気学ほど尊い学問は
他にはないと思っています
 
もちろん尊い学問
他にも多くこの地球上に存在します。
 
師との出会いは小学4年生の頃です
おばの結婚式の日に初めてお会いしました。
 
子ども心に
なんと美しい目をしている方なのだろうと
釘づけになったのを今でも覚えています。
 
 
 
あれから約40年が経ちました
子どもの頃から自分勝手でわがままで
我の強い私でした
 
様々な失敗をし
身をもって経験させていただいたことに
たった今も 感謝の心でいっぱいです。
 
 
本当のことを言うと
壮絶な経験があり、反省があり、理解がないと
真の運命学というものはわからないのです。
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「方位学、凶方位の学校はよくない?」

 

 

 

 

 

 

世界中のどこを探しても存在しない文献
 
自然の理である
気学を
心でとらえる

そういう意味で、日本は素晴らしいです
 
 
その内容と教えを
この身に蓄積させてもらいました。
これからもまだまだ学びたいと願っています。
 
 
 

◆ 様々な気づき

 
個人を占う、
占い師さんはたくさんいらっしゃるでしょう
 
経験と勉強(ある意味、修行です)のために
外に出て一般の方の鑑定をして2年ほど経ちました
 
初めの頃はカルチャーショックで
師の教えとのギャップに驚いたものです。
とても尊い教えを受けていたのだとわかりました。
 
 
 
元々、神社は好きで
手を合わすととても落ち着きます。
 
地元の氏神さま神社から帰ってきますと
不思議と頭が冴えていて
色々な直観が働きます
 
その直観をすぐさま、
紙に書き留めたりして。
 
書き留めないと
意識が変わるとその後、
思いだせないことが多いのです
 
そして直観の中にはたくさんのヒントがあり
それをひとつひとつ実行していくわけです。
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「方位学、凶方位の学校はよくない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 直観は良いことばかりではない!

 
あの頃 「直観」は
私にとって厳しいことだらけでした
 
それを真正面から受け止め
まわりの人たちからどのように言われても
信念を貫く、厳しさを学びました。
 
目に見えないことですので人にはわかりません
それはそれは辛い体験の数々です。
 
 
 
辛すぎて不安で震えが
何日も止まらないこともありました
不眠症になった時は慌てました
 
あの時の体験、今も不思議です
私のことをもうひとりの私が
斜め上から見ているのです
意識の中で 自分が
自分をみているのがわかりました
 
その時の私は目の前の見えるものが
歪んで見えたのです。
(ちょっとヤバイかもです)
 
 
 
最近スピリチュアルの方に 
そんな話しをすると、
『離脱?』しているんですって 
びっくりですよね
 
他にも体験を話すと
スピリチュアルの勉強されたらいいって
その方に誘われました(笑)
 
 
 
一等苦しい思いをしたのは
御恩のある人との関係の中でも
自分の道を歩む、
信念を貫くと決めた時です
 
 
 

◆ ひと様のためにお役に立てることができればという思い

 
一般に売られている気学書のような書物も
一時期、読みあさりました。
 
師は教科書に書かれているようなことは
わざわざお教え下さることはありません。
 
私の中の興味がどんどん膨らみ
真のところを
どうしても知りたいという気持ちが強く
 
他の先生方の書物など 色々な角度から
ひとつのことを分析してみたり
分厚い本の中の
ほんの1行が必要な時もありました
 
 
 
方位学などは実際に実験してみたり。
そのような感じで
私の中の気学に対する欲望は膨らむ一方です。
 
 
 
そんな学びを人様のために
お役に立てることができれば
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「方位学、凶方位の学校はよくない?」

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりました
明日の母の叫びダイアリーは 本題、
 
方位鑑定、凶方位の学校はよくない?

ということについて書きたいと思います。
 
次回 母の叫びダイアリーは こちらから
 
 
 
あなたと大切なあなたのお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
それではまた!
 
 
 
ご相談申込みページ
更新しました
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »