小学6年生、7月までどう過ごすのがいい?

2016-05-08 | Posted in 自然の理 |  

 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします ゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
 
んばんは。
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は
小学6年生、7月までどう過ごすのがいい?
(平成16年 2/4~ 平成17年 2/3 生れの方)
 
お話しいたします。
前回 母の叫びダイアリー 続きです

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

◆ 6年生の本年は、結論を急がない、慎重にひとつひとつ歩むこと!

 
本年、6年生のお子さんにとっては
転換期であるため
何事も慎重に物事に向かうようにしてください。
 
子どもは親の保護の元、生きています。
一番近いところにいる母が
我が子のことを
 
遠くから 近くから
みていてあげることが大切です
 
 
 
目の前のことだけを見て
一喜一憂してはいけないです
 
子どもの気持ちに耳を澄ますこと
常に忘れないで、1年をお過ごしください。
 
 
 
2016年の過ごし方によって
来年度の状態が決まってきます。
そのことを決して忘れることなく
 
本年、お子さんをサポートしてあげてください。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

◆ 小学6年生の母へ、7月までのアドバイス

 
6年生になるお子さんをもつ母へ
 
7月までの
3か月ポイントアドバイス
 
させていただきますね
 
 
 
お子さんが迷っている時は
じっくりと話しを聞いてあげる
ですが、
結論は出さない方が吉です
 
 
お子さんのまわりの状況を見極めて
守ってあげるように
ゆっくりと進むべき時です。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

◆ 2016年5月の過ごし方

 
子ども
5月中旬以降
ゆっくりとスタート(行動)して大丈夫です
 
 

お子さんをとり巻く状況ですが
家族間でのトラブルが起こりやすい時です
反抗期の兆しのあるお子さんについては
注意してあげてください。
 
 
 
 

◆ 2016年6月の過ごし方

 
子ども
挑戦したいという気持ちが
ムクムクと湧き上がってくる時期です。
お勉強についても計画をたてるのに良い時です
 
 

よほどの事がない限り
まわりの状況も
お子さんにプラスに働くと思います。
母は温かい目で見守ってあげてください。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

◆ 2016年7月の過ごし方

 
子ども
何事も風通しの良い状態の中
頑張れる時です。
お友達の輪を大切にすること
 
 

お子さんの意見を尊重しながら
夏休みの目標を一緒に話し合いましょう。
 
目に見える範囲の出来事で
良い場合があっても
1年通しては慎重に行動することが
第一となります。
 
 
 
 
今書きましたアドバイスは
本命(生まれ月)のみをみての
ワンポイントアドバイスです。
 
月命(生まれ月)を分析しますと
更に詳しいアドバイスが可能です。
 
 
 
子どもにとって
母の支えはとても大切です
 
どうぞ参考にしてみてくださいね。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
 
それではまた!
 
 
 
 
すぐ! 
我が子の反抗期 相談お問い合わせをしましょう


【 お問い合わせ・ご相談申込みは こちらから 】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容を選択してください (必須)
母の叫び 相談室一般 相談室その他 問い合わせ

メッセージ本文


 

◆ 高橋肖鳳 プロフォール

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】プロフィール「誰にもわかってもらえない反抗期の子どもの叫び」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

恋愛・結婚・家族・命名・子育て・進学・夫婦・
就職・仕事・起業・旅行・移転・方位・健康・
人間関係 等
 
【 あなたの幸せを 家族の充実を願って 】
 
十二支・十干・五行・気学・方位学・四柱推命・他
データベースを基に
動きのある(自然の法則を司る)気学を活用し
 
今 どうすべきか
 
どのようにすべきか
 
を ご相談の中でお話しします。
 
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »