反抗期の子どもを見守ることの 本当の意味とは?

2016-02-20 | Posted in 反抗期 |  

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもを見守ることの、本当の意味とは」
 
んばんは。
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ 【 母の叫び 相談室 】
高橋 肖鳳です。
 
今日は
反抗期の子どもを見守ることの
本当の意味とは?
というようなことについてお話しいたします。
 
 
 

◆ 「お知らせ」や「気づき」をキャッチするにはどうすればいいか

 
① まずは 冷静になること
② 自分の感情をなくすこと
③ 客観的に物事をみること
 
 
冷静になることの
コツは
 
意識の中で、一歩下がって
自分の意見をすぐに言わないこと
 
一瞬、間をとって
自分の意志を調整する
 
 
 
感情をなくす
これは難しいかもしれません…!
 
プロフィールの中で
「 感情がないのは死んでいるのと同じ 」
というようなことを書きました。
これはこれから先の希望がないというのが
お話しの中のことでした。
 
ここで言う 感情をなくすというのは
心を無にする
ということです。
これは説明が非常に難しいです!
 
 
 
客観的に物事をみる これは
目の前の出来事を
そのまま受け止めるのではなくて
内側を読むことなのです。
 
 
例えば、
ご主人と口げんかをしたとします
ふだん我慢していることがたくさんあって
ついつい口いっぱいに言ってしまいました。
 
「 相手は自分の鏡 」 ですので
その時の相手の言動は実は自分自身
 
 
相手が我慢している、我慢できる場合は
これはストレスがたまり、
いずれ病気を引き起こすことになります
 
 
 
口いっぱい強気な事を言っても
心の内は違うことを思っています。
 
これが内側を読むことなのです。
 
表面的なことに惑わされず
相手の心に寄り添うこと
 
 
 
反抗期の子どもは
生意気だし強気な態度だし
めちゃくちゃな内容でも正当化したり
とにかく、対応が難しいのが現実。
 
そんな時こそ
 
母の愛で、
子どもの心の内側を読むことが
大切なのです
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもを見守ることの、本当の意味とは」

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 子ども本人が気づくように、母が伝えていく

 
母が 「 気づき 」や「 お知らせ 」をキャッチし
それを子どもに上手く伝えていくこと
 
 
~しなさい、では絶対にダメです
子ども本人に気づかせることが大切です.

 
 
見守るというのは、少し離れたところで見て
ただほっておくのではありません。
 
 
 
見守るというのは、

本人が成長できるように

遠くから 近くから

接していくことなのです

 

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳「反抗期の子どもを見守ることの、本当の意味とは」

 

 

 

 

 

 

ひと雨 ひと雨
暖かくなってゆきます
 
子ども達の成長と同じ 春は芽吹きの季節。
 
 
 
 
あなたと大切なあなたのお子さんが
 
今日も幸せでありますように
 
 
 
それではまた!
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »