あなたのお子さんは
朝 自分で起きることができますか?
 
 
 
中学生や高校生になる子供を
毎朝起こしてあげているママさん
 
子供を朝起こすのを
やめてみませんか?
 
 
 
子供が
朝 自分で起きること
 
これは
 
【子供の自立心を育てる第一歩】
なのです。
 
 
 
今日のお話しです。
 
 
 
 
前回 反抗期【母の叫び相談室】ブログ
『子育ては親の責任‐子供の自立心は受験に直結する』2023年1月②
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】
 
 

「子供が朝自分で起きられない」毎朝ママが起こしてあげてる?

 
あなたのお子さんは
朝 自分で起きていますか?
 
 
 
もし起こしてあげているのなら
悪いことはいいません
 
今すぐ起こしてあげることを
やめるようにしてくださいね。
 
 
 
子供が
朝 自分で起きること
 
これは
 
子供の自立に大きく関係してくること
だからです。
 
 
 
 

成人した子供が自立心に欠けるのは親の子育てに問題がある。

 
子供が18才~20才くらいになる頃
子育てが一区切りしますが
 
 
その時点(子供が18才)で
朝起こしてあげているとしたら
 
 
近い将来も
遠い将来も
非常に心配です。
 
 
 
これは元をたどっていきますと
 
朝起きない子供が悪いのではなく
子育てをする親の方に問題がある
 
ということなのです。
 
 
 
中学生や高校生 成人しても
まだ起こしてもらっている子供は
 
 
親元を離れた後
社会人になってからも
 
本人がかなり苦労することに
なるはずなのです。
 
 
 
20才といいますと
「人間」ができあがっている状態
 
(言葉がちょっとよくないですが)
 
 
そこから癖や習慣
考え方などをなおすのは
大変なことです。
 
 
 
なぜって
 
幼い頃からママが起こしてくれていて
 
 
その「してもらうこと」が
「無意識に習慣化」しているからです。
 
 
 
親の子育ての責任は計り知れませんね。
 
 
 
 

【子育てのやり直し】今からでも全然遅くない。

 
恵まれた家庭環境の中での
甘やかし子育ては
 
子供にとって
決してよくないです。
 
 
親を親と思わないような発言も
論外です。
 
 
 
ですがそれは
子供だけが悪いわけではなく
 
 
厳しい言い方に
なってしまいますが
 
 
そのように子育てをした
親の側に問題がある
 
ということなのです。
 
 
 
だとしたら
今できること
 
 
ママの立場として
何から直していけばいいでしょう。
 
 
 
目で見てわかることからだと
わりと簡単にできますよ。
 
 
 
まずは
【朝子供を起こすことをやめる】
 
 
 
これ1つ
やってみませんか…?
 
 
 
 

【子供の心を育てる】ほったらかしていても大丈夫になる

 
子供が自分で朝起きてくることが
できるようになれば
 
 
一日の予定を
自分で管理できるようになります。
 
勉強に対しても目的意識をもって
とり組めるようになります。
 
自分で考えて言葉を発すること
行動ができるようになります。
 
 
 
子供の自立心が育ってきますと
 
このように 徐々に
余計な心配事がなくなってくるのです。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】
 

 

 

 

 

 

今日もありがとう。
 

 

 

 

 

 

 

 
2023年1月 今月の運勢
< 1 / 6 ~ 2 / 3 >
ブログ内 配信
 
『 「自信過剰」「独断専行」が漂う1月 』
 
『子育ては親の責任‐子供の自立心は受験に直結する』
 
今月の運勢 最新情報はこちらから
 
 
 
 
電話相談 対面相談
 
ご相談対応・申込み・料金について
 
詳しくは こちら をご覧ください。
 
 
 
 
……………………………………………………
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】
高橋 プロフィール
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】プロフィール「誰にもわかってもらえない反抗期の子どもの叫び」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

家族の相互関係 運勢鑑定ができる
東洋天象哲理学研究会 学会員
 
恋愛・結婚・家族・命名・子育て
進学・就職・仕事・起業・旅行
移転・方位・健康・人間関係 等
 
あなたの幸せを
家族の充実を願って

 
十干・十二支・五行・四柱推命
気学・方位学・家相・風水 他
 
それらデータベースを基に
動きのある(自然の法則を司る)
気学を活用し
 
【 今 どうすべきか 】
お悩み ご相談についてお応えいたします。
 
……………………………………………………