【反抗期中学生】解決の糸口!解決の秘訣!誰か教えて!

2016-08-26 | Posted in 中学生 |  

今日は
 
反抗期でお悩みの解決の糸口は
意外にもこんなに身近にあった。
 
誰よりも子どもに近い母だからこそ、
その糸口が見つかった時、気づきがある!
 
お話ししたいと思います。
 
 
 
前回 【母の叫び相談室】ブログ
【反抗期高校生】早稲田大学見学 現役合格を目指す!
 
こちらからどうぞ
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 
 

◆ 母の心は死にかけている!この悩み、どうにかしたい。

 
 
子どものことで悶々としている時って
怒りの気持ちであったり、反対に
 
情けなさや悲しさであったり
どうしたら良いのか心が暗闇を彷徨います。
 
 
どうしても子どもには
お小言をいってしまいますよね。
 
 
 
そうなると母と子というのは接点はなく
 
平行線上をずっといくことになり
 
真っ暗なトンネルを何の手がかりもなく
彷徨うことになるのです。
 
 
 
 

◆ 中学生の反抗期は 「常識はずれ」に「思春期パワー」が重なる!

 
 
一生懸命に母は考えます。
あの手この手を。
 
 
苦しすぎる! どうにかして!
 
 

反抗期を解決できないのはなぜでしょう。

 
 
それは解決できる 本当の糸口に
出会っていないからなんです。

 
 
 
特に中学生の反抗期というのは
思春期も重なり、大人になりきれない若い発想、
 
常識はずれであり、
そしてパワー全開だから親は手こずるのですね。
 
 
 
 

◆ なぜ…? 母の気持ちが子どもに伝わらない!

 
 
反抗期を解決する
 
これは表面上のやりとりではどうにもなりません。
 
 
なぜか
 
子どもの心と
母の心の接点がずれているからです
 
 
 
いくら一生懸命に考え
言葉を尽くして我が子に接しても
 
反抗期がおさまらない。
 
苦しすぎます。
 
 
 
お気持ち、とてもわかります。
かつて私も同じ経験をしました。
 
うちの娘は中高と
まれにみる暴れ馬でしたから
 
身も心も疲れ切り、数年間大変な思いをしたものです。
 
 
 
 

◆ あなたの深刻なその悩みを “ 影 ⇒ 光 ” へ導きます

 
 
ご相談に見える方々
皆さんのお悩みは相当なものです。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命に悩み考え
トンネルの先の明かりを探し求めます。
 
 
 
暗がりをひとりで彷徨うのと
 
 
明るい未来の地図を手に
トンネルをまっすぐ進むのと
 
どちらがよいでしょう。
 
 
 
意外にも反抗期をおさめる糸口、秘訣は
あなたのそのお悩みのすぐ隣にあります。
 
 
何でも 「光と影」 があり
 
影のすぐ隣には
光が寄り添うようにセットであるのです。
 
 
 
上手に、影から光へ 転換するお手伝いを
 
私はしたいと思います。
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

【 まとめ 】

 
反抗期のお子さんへの接し方は
表面上ではどうにもなりません。
 
 
解決する糸口は
意外にもあなたのすぐそばにある。
 
 
そこに気づくことができた時
 
 
悩んだあの頃がうそのように
我が子は自立していきます。
 
 
 
 
あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
 
それではまた!
 
 
 
続き【母の叫び相談室】ブログはこちらから
日本で唯一 親子相互関係運勢鑑定、スタートします!
 
 
 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします
゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
………………………………………
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】
 
高橋 プロフィール

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】プロフィール「誰にもわかってもらえない反抗期の子どもの叫び」東京・神奈川・千葉・埼玉、首都圏でご相談窓口を開いています。運勢鑑定 高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛・結婚・家族・命名・子育て・進学・夫婦・
就職・仕事・起業・旅行・移転・方位・健康・
人間関係 等
 
【 あなたの幸せを 家族の充実を願って 】
 
十二支・十干・五行・気学・方位学・四柱推命・他
データベースを基に
動きのある(自然の法則を司る)気学を活用し
 
今 どうすべきか
 
どのようにすべきか
 
をお話しします。
 
………………………………………
 
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »