いつの間にか反抗期が遠ざかっていました 最終学歴 〔4〕

2016-03-11 | Posted in 最終学歴 大学受験 |  

 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします ゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
 
んばんは。
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ 【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
 
今日は
最終学歴  〔4〕
『 いつの間にか 反抗期が遠ざかっていました 』
 
お話しいたします。
 
前回 母の叫びダイアリー 続きです
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 


◆ 反抗期からの方向転換にちょっとだけ、使わせてもらいました

 
あまりこのような事は
ネットでご紹介したくないのですが
実際のところ、気学・方位学の
その作用は素晴らしいです。
 
天の働きは人知の及ばないところで
公平に、そして大きな愛情をもって作用します。
 
 
その作用エッセンスを
反抗期からの方向転換に
ちょっとだけ、使わせてもらったのです。
 
 
 

◆ 必死に子どもと向き合ってきたからこそ たどり着く場所

 
こちらのダイアリーにたどり着いたあなたも
何かしらの縁が働いていると思います。
 
大切なのは
 
その情報をどのように
自分に取り入れ

気持ちを切り替え、
行動に移すかです
 
それが大変重要であると私は思います。
 
 
同じように情報を受けとっても
変ることを避ける母もいます。
 
 
 
鑑定/ご相談にお越しになる方々のほとんどは
もう、どうにもならない、限界!
どうしたらいいのかわからない
という状態です。
 
それまで必死に
反抗期の子どもと向き合ってきたからこそ
たどり着く場所なのです。
 
 
本題に戻りますね
 
 
 

◆ 今までと違う景色を見せてあげる

 
娘は流れのまま入塾し
気持ちの転換をうまく運ぶことができたようでした。
 
それが高校2年生の確か… 11月頃
部活をしながら、塾通いがスタートしました。
 
 
まわりの高校生たちに交じって
夢中になって勉強を始め 楽しくて
気がつくと、
反抗期が遠ざかっていました。
 
 
子どもの視野は環境上どうしても狭いです
 
更に反抗期というのは
暗いトンネルの中で彷徨っている状態なのです
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 親だと どうしても甘えが生じる

 
問題を解決しようとするのではなく
「勉強」をさせようとするのではなく
 
今までと違う景色を見せてあげて
驚きの心をもたせるのもひとつの手です
 
 
そして親でも学校の先生でもない
そんな人たちからの刺激を受けると
意外にも良き感じに目覚めますよ
 
 
 
親だとどうしても甘えが生じるので
 
なかなかそこから抜け出せないで
苦しい思いをするのですね
 
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

親は そっと
見守ることが大切になります

 
 
 
次回 母の叫び ダイアリー
『 親はそっと見守ること、一番難しい!』
書きたいと思います
 
 
 
 
あなたとあなたの大切なお子さんが
今日も幸せでありますように。
 
 
それではまた!
 
 
 
【 お問い合わせ・お申込みは こちらから 】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容を選択してください (必須)
母の叫び 相談室一般 相談室その他 問い合わせ

メッセージ本文


お気軽にどうぞ
 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »