反抗期の子どもと同じ目線でやりあっても何も解決はしない〔7〕

2016-03-20 | Posted in 最終学歴 大学受験 |  

 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします ゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
 
んばんは。
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。

 

今日は

『 子どもと同じ目線でやりあっても
何も解決はしない  』

最終学歴、大学受験に一番大切な事は〔7〕
お話しいたします。

 

前回 母のダイアリー  続きです

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

◆ 母に対する反抗、イコール 母に対する甘え

 

前回お話ししましたとおり
受験勉強の体制に入る前、高校2年生の頃に
我が家は壮絶反抗期の舞台となりました

ねばっこく しつこく反抗してくる我が子を
どうしたらいいか…

逆に考えると かなりの甘えの心が
内面にはびこっているということです

 

母に対する反抗、

イコール 母に対する甘え

 

その時とった方法が方位学でした。
自然の気の力をかり、娘にプラスオンしました

その時のことを書いたダイアリーは こちら です

(ちょっと特殊な内容です
ご興味があれば読んでみてくださいね)

方位のことを書き出すと
あっという間に2日分くらいになるので
ここでは省いて
また違う場面で書かせていただきますね

 

 

◆ 大学受験合格の秘訣とは?

プラスオンした後は
想像どおり漂う自然の力が発揮されました

それが高校2年も秋が深まった頃です
中高一貫校に入学して、ようやく…!
大変遅い目覚めでした

 

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

本人曰く (壮絶反抗期中の自分のこと)
「あの頃のこと 覚えてない…何やってたんだろう」
「あの頃、みんな勉強頑張ってたんだ
自分はいったい 何やってたんだろう…」

そんな言葉を聞いて 私は唖然
本当に覚えてないの??? 信じられない

 

ですが
それでいいのです
覚えていないくらい暴れて、暴言はいて
母を悲しませて、それがその子なんです!

中途半端はいけません

 

パワーを全部出させてあげること

大学受験合格の秘訣です

 

 

◆ 基本がまるでない状態での反復で、合格はできない!

娘の場合、高校3年生の1年は
ある大手大学受験塾に入って
思惑通り 急に頑張り始めました
今思うと
足元ぐらぐらの状態なのに
間違ったやり方、詰め込みを永遠にしていました。

足元ぐらぐらとは
『 基本がまるでない状態 』 という意味です

 

受験するにあたってこれは非常に危険です

上っ面だけでは

真の合格はもらえないからです

 

 

私はあえて、それをやらせました。
見ていてハラハラしました
不安になりました
個人の先生にもお世話になっていたのですが
そんなやり方をしていても合格はできない
叱られました
自分の実力を見なさい 言われました
母親は何もわかっていない
無関心すぎる 言われました。

 

基本ができているお子さんだと
その塾のやり方でも合格できるのです
大勢のお子さんが現役合格され
春から大学に通われていました。

もしくは “ 全滅 ” ということもないようでした

 

娘の場合は一生懸命にとり込んでも
それは叶いませんでした
ひとつも合格通知は届かなかったのです。
それくらい基本がなかったのです

 

私は目の前の勉強だけを
見ていたわけではありませんでした

 

先生方がおっしゃる意味
充分わかっていました

 

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

そこを反論せずだまって耐えました。
お金もいっぱい使いましたし
身にならない時間もいっぱい使いました

そんなことを1年3か月ほど
母に忍耐があるかどうか

とても 苦しかったです。

 

 

◆ 子どもと同じ目線でやりあっても何も解決はしない

反抗期中の子どもとのバトルは
目で見える範囲のこと

本当に大切なことは見えない部分です。

 

本人の心をどう理解し
どのように導いていくか。

 

どこに枠があるのか
見えないくらいの大きな心で

包み込む温かさをもつことなのです

 

 

それには私たち母に、忍耐が必要になります

じっと、 黙って、
目先の言動に振り回されない強い意志と
温かい母の心を持続できるかどうか

 

子どもはそれを
心と身体で理解していくと思います

言葉ではないんですね。

 

 

次回 母の叫びダイアリー

『 あえて、足元ぐらぐらの状態で
高校3年の1年間
がむしゃらに勉強させた理由とは? 』

このようなことについて書きたいと思います

 

壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

雨がやむ度 春の香りが届いています

夜の春風 大好きです

 

さて 横浜都筑港北ニュータウンの今夜
くっきりお月さま 見えるかしら

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんが

今日も幸せでありますように。

 

それではまた!

 

 

【 連 載 】

壮絶反抗期の子どもが 1年で
早稲田大学 社会科学部に合格!その道のり!

 

〔1〕最終学歴、大学受験に一番大切な事は『基本』でした

〔2〕高校生のための日本の次世代リーダー養成塾

〔3〕天の働きである 気学・方位学 を用いる

〔4〕いつの間にか 反抗期がおさまっていました

〔5〕日本の次世代リーダー養成塾、どのように参加させたの?

〔6〕反抗期の子どもを見守るということ、どうすればいい?

 

 

【 お問い合わせ・ご相談申込みは こちらから 】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容を選択してください (必須)
母の叫び 相談室一般 相談室その他 問い合わせ

メッセージ本文


お気軽にどうぞ

 

 

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »