反抗期の我が子、守れるのは私だけなんだ!〔15〕

2016-04-04 | Posted in 反抗期 |  

 
にほんブログ村 参加しました!
応援クリック よろしくお願いします ゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。☆
 
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
 
 
 
【連載】 壮絶反抗期の子どもが 1年で
早稲田大学 社会科学部 に合格!その道のり!

 
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9-①話 9-②話
9-③話 9-④話 10話 11話 12話
13話 14話
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
んばんは。
 
壮絶 反抗期の子どもをもつ【 母の叫び 相談室 】
高橋肖鳳です。
 
今日は
どん底を味わう失敗から
どのように這い上がってきたのか
 
反抗期の我が子、守れるのは私だけなんだ!
壮絶反抗期から早稲田大学合格までの道のり
 
 
お話しいたします。
前回 母の叫びダイアリー 続きです
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳
 
 

◆ どんなに反抗期が壮絶であっても、我が子の心に耳を澄ませることを忘れない!

 
2回にわたって(2016年)4月1日に行われた
早稲田大学入学式の様子 そして
 
大学のすぐ近くにある
穴八幡宮のことについて書きました。
 
参考になればいいなと思っています。
 
 
 
子育ての時期って 親はたくさん失敗します
あぁ、この言葉、言っちゃいけない!
わかっていても口から出てしまったり
 
色々と反省すること
本当にたくさんありますよね
 
 
 
子どもが成長する分だけ
親も成長している
 
要は我が子と共に成長しているわけです。
 
 
 
間違いなく言えることは
 
人の心の中心
 
それはとても清く素直で優しいということ
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

 

 

それがいつのまにか 色々な垢にまみれて
 
一番大切なその 「中心」 が
 
見えなくなってしまっているだけなのです
 
 
 
子どもの心は本当に純粋で素直
 
 
私たち母は、表面の言動に惑わされず
 
我が子の心に耳を澄ませることです
 
 
 
 
どんなに反抗期が壮絶であっても
 
自分の心にノックしてくれている母のこと
子どもはすぐにわかるはず。
 
だって、母のこと子どもは大好きだから。
 
 
だからね、心で接することが大切なのよ♪
 
 
 

◆ この子を守れるのは私だけなんだ!

 
私はいつもどんな時も
この19年間 こう思って 子育てしてきました
 
【 この子を守れるのは私だけなんだ 】
 
 
コロンと寝ている赤ちゃんの時は
 
「 あぁ、この子は私がいなければ死んじゃうんだ 」
責任というものを感じました。
 
 
 
遅めの反抗期 4才の頃も大変でした
 
「 いったいどうしたらいいんだろう
この気性の激しい子 上手に育てられるだろうか 」
毎日の “ いやだ ” に頭がクラクラしました
 
 
 
保育園の頃~小学校低学年の頃
 
「 きちんと色々な事を教えなきゃいけない 」
 
そう思い過ぎて、私の型にはめすぎました
小学校になって学童に入って
たくさんの楽しい事を覚えて
本来の性格が表面に現れ始めました。
 
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

小学校4年生~6年生の頃
 
中学受験をするかどうか決めかねていましたが
しっかりとした基礎学力は必要と思い
子どもの性格に合う進学塾を
じっくりと探し入塾させました。
 
良い先生に恵まれ、勉強することの楽しさを
教えてもらいました。
 
 
< 塾のご紹介 >
卒業した子ども達が先生のところに集まってきます
進路や将来の事など色々と相談にのっていただいて
とても楽しそうです。
 
当時一緒に勉強した同級生も自然に集まってきて
その後のお話しもでき、懐かしいみたいですね
 
 
ご自分の事を守ることよりも、
子どもや親をお客さま扱いするのではなく、
 
先をみて 子どもの真の成長を願って、
指導されている先生です お勧めいたします。
 
 
 横浜市都筑区港北ニュータウンで
小学生の進学塾を
探されている方はぜひ
山之内先生のブログを読んでみてください
 
横浜市都筑区中川 進学塾ワイズ ホームページ
 
 
 
 
中高は部活(バレーボール)命!
 
高校2年生の時に壮絶反抗期となり
ありとあらゆる反抗にパワーも重なり
私は身も心も疲れ切りました。
 
 
 
壮絶反抗期~受験体制にもってくる時
 
「このままではいけない!どうにか
意識の転換をさせなければ」
 
 
 
 
子どもを育てること ある意味 戦いですよね
 
 
本人の事を本当に思うなら
母の心を捨てることです
 
 
 
母であるのですが
母の心を捨てること
 
究極がこれです
 
 
 
『 意守して 意守せず 』
 
 
そこに母としての本当の愛があります
 
我が子を救えるのはあなただけです
 
 
 
 
次回 母の叫びダイアリーは
では、うちの場合はどうなの…?

書きたいと思います。
 
壮絶反抗期の子どもをもつ【母の叫び相談室】高橋肖鳳

 

 

 

 

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんが
 
今日も幸せでありますように。
 
 
 
それではまた!
 
 
 
【 連 載 】
 
壮絶反抗期の子どもが 1年で
早稲田大学 社会科学部に合格!その道のり!
 
〔1〕最終学歴、大学受験に一番大切な事は『基本』でした
 
〔2〕高校生のための日本の次世代リーダー養成塾
 
〔3〕天の働きである 気学・方位学 を用いる
 
〔4〕いつの間にか 反抗期がおさまっていました
 
〔5〕日本の次世代リーダー養成塾、どのように参加させたの?
 
〔6〕反抗期の子どもを見守るということ、どうすればいい?
 
〔7〕反抗期の子どもと同じ目線でやりあっても何も解決はしない
 
〔8〕あえて基礎のない状態でがむしゃらに勉強させた理由とは?
 
〔9-①〕秋田国際教養大学 高3の時 目指してました
 
〔9-②〕秋田国際教養大学 高3の時 目指してました
 
〔9-③〕秋田国際教養大学 高3の時 目指してました
 
〔9-④〕秋田国際教養大学 高3の時 目指してました
 
 〔10〕反抗期の子ども ようやく脱皮できました!
 
〔11〕ビリギャル さやかちゃん!
 
〔12〕敗北の原因、合格通知が1つも届かなかったのはなぜか?
 
〔13〕早稲田大学 入学式
 
〔14〕早稲田大学のすぐ近く、穴八幡宮
 
 
 
【 お問い合わせ・ご相談申込みは こちらから 】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容を選択してください (必須)
母の叫び 相談室一般 相談室その他 問い合わせ

メッセージ本文


 
 
 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »